人物

はすみとしこの学歴・経歴!病気で生い立ちがやばすぎる?炎上についても

こんにちは!ヨウコママです。

新型肺炎コロナウイルスの影響が心配される中、”アルコール消毒は無効”と発言をして、厚生省が注意を促したことが話題になっています。


”アルコール消毒は無効”と行った発言をされたのは、風刺漫画家で元看護婦のはすみとしこさんです。

はすみとしこさんとは一体どんな方なのか気になります。

そこで今回「はすみとしこの学歴・経歴!病気で生い立ちがやばすぎる?炎上についても」と題しまして、はすみとしこさんの学歴・経歴についてや、病気で生い立ちがやばすぎる?のか、炎上についてもまとめたいと思います。

ではさっそく、本題に入って行きましょう。

はすみとしこの学歴・経歴!病気で生い立ちがやばすぎる?炎上についても

はすみとしこの学歴・芸歴について

はすみとしこさんの学歴について詳しく調査したのですが、2020年2月7日現時点では詳しい学歴については公表されていませんでした。

とはいえ、前職は”元看護婦”ということですので、少なくても看護学校を卒業していることは確かだと思います。

看護婦になるには、看護学科がある大学・短期大学・専門学校に入学して、看護師国家試験の受験資格を取得が必要ですので、少なくても大学・短期大学・専門学校は卒業されていると思います。

こちらは新たな情報がわかり次第追記して行きます。

経歴については元看護婦で、現在は風刺漫画家だそうです。

看護婦になったのは、自分で生きていく力を持つため、ということでしょうか。

風刺漫画家としては、2015年12月19日、『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』でデビューし、発売前には重版になるという予定以上の発行部数を叩き出したそうです。

『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』は初版3万部で増刷5千部に決定したそうです。

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界 [ はすみとしこ ]

価格:990円
(2020/2/7 10:09時点)
感想(25件)

 

はすみとしこさんの風刺漫画家としてのポリシーは”自身の(好き嫌いの)感性ではなく、第三者から見たらどうなのか(対象を第三者から見たらどうなのか)を描く”ということだそうです。

しっかりとしたポリシーを持って取り組まれているのですね。とはいえ、その分はすみとしこさんの風刺漫画には批判が殺到することも多いようで、殺害予告もされたことがあるのだとか・・。

なかなか大変な世界ですね。

はすみとしこ病気で生い立ちがやばすぎる?炎上についても

はすみとしこさんについて調べると、”病気”というキーワードが上がってきます。

そこで、はすみとしこさんの病気について調べたところ、ご本人が以下のように投稿しています。

このことから、はすみとしこさんは

・精神障害者である。

・人より疲れやすく、人混みがダメ。

・スーパーさえ行けない時期があり、今でも都心の駅は苦手。

ということが判明しました。

詳しい病気の名称などは公表されていませんが、精神障害で人混みが苦手、疲れやすいと行ったことから見ると、うつ病の可能性が高いのではないかと思います。

また、はすみとしこさんの生い立ちについては

といったように、 ネット上では生い立ちがやばかったのでは・・と行った噂が飛び交っています。

炎上については

 といったような内容で、かなり強い主張であるようです。

はすみとしこさんは学歴はもちろん、詳しい生い立ちについては公表されていないようですが、過激な言動と批判などの炎上が背景にあるようですね。

詳しい情報がわかり次第追記したいと思います。

ツイッターやネットの反応

※2020年6月9日追記※

はすみとしこさんがフリージャーナリスト伊藤詩織さんにSNS上の誹謗中傷で訴えられました。

それを受け、はすみとしこさんは以下のようにツイートしました。

まとめ

今回「はすみとしこの学歴・経歴!病気で生い立ちがやばすぎる?炎上についても」と題しまして、はすみとしこさんの学歴・経歴についてや、病気で生い立ちがやばすぎる?のか、炎上についてもまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

何かと炎上している、はすみとしこさんは学歴や生い立ちについてははっきり公表されていないようです。

病気については、精神障害者で人より疲れやすく、人混みがダメ。スーパーさえ行けない時期があり、今でも都心の駅は苦手、ということですのでうつ病ではないか?と思われます。

今後もはすみとしこさんについて注目し、詳しい情報がわかり次第追記したいと思います。

では今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。