人物

岡江久美子のコロナ感染経路はどこから?症状経緯や持病についても

こんにちは!ヨウコママです。

先ほど、昭和の大女優ではなまるの司会としてお馴染みの岡江久美子さんがお亡くなりになったという訃報が飛び込んできました。

岡江久美子さんの死因は新型コロナウイルスだそうです。

あまりに突然の訃報に言葉が見つかりません。。

岡江久美子さんのコロナ感染経路はどこだったのでしょうか、、

また、症状の経緯や持病はあったのでしょうか・・

今回は「岡江久美子のコロナ感染経路はどこから?症状経緯や持病についても」と題しまして、岡江久美子さんのコロナ感染経路はどこからなのか?や、症状経緯と持病についてまとめたいと思います。

岡江久美子のコロナ感染経路はどこから?

岡江久美子さんが亡くなったのは、4月23日の午前5時20分、東京都内の病院だそうです。

コロナウイルスに感染していたことすら知りませんでした。

岡江久美子さんは、いったいどこから新型コロナウイルスに感染したのでしょうか。

現時点では、感染経路に関する詳細は発表されていません

現在の東京都の感染者数をみても、誰がどこで感染しても分からない状態です。

お仕事をしている中で感染してしまった可能性もあると思いますし、昨年初期の乳がんで、手術、治療のため2月半ばまで放射線治療のために通院していたので、病院で感染した可能性もありそうです。

こちらは新たな情報がわかり次第追記したいと思います。

症状経緯や持病についても

症状経路について

岡江さんの事務所は、症状の経路について以下のように発表しています。

死因は新型コロナウイルス感染による肺炎。

23日午前5時20分、新型コロナウイルス感染による肺炎のため東京都内の病院で死去した。63歳。東京都出身。3日に発熱し、治療のため6日から入院していた。

4月3日:発熱の症状
4月6日:治療のため入院。
同日:容体が急変しICUで治療するも意識不明が続く。
4月23日:午前5時20分逝去。

4月3日に発熱の症状があり病院を受信し、4〜5日様子を見るように言われ、自宅療養していたとのことですが、症状の回復が見られず6日容体が急変したために、緊急入院する流れとなりました。

コロナウイルスの悪化する速さが、本当に早く凄まじいことがわかります。

持病について

岡江久美子さんは、昨年初期の乳がんで、手術後治療を行っていたそうです。

所属事務所によると、1月末〜2月半ばまでは、放射線治療も行っており、かなり免疫力も体力も落ちていたということでしたので、これがコロナ重症化の要員だったと考えられます。

放射線治療が終わり、少しづつ日常生活をとりもどし始めた矢先にコロナ感染だったと思います。胸が苦しくなりますね。。

濃厚接触者として心配されている、一緒に住んでいた夫である大和田漠さんや娘さんの大和田美帆さんは、現在症状は出ていないとのことです。

ツイッターやネットの反応

まとめ

今回は「岡江久美子のコロナ感染経路はどこから?症状経緯や持病についても」と題しまして、岡江久美子さんのコロナ感染経路はどこからなのか?や、症状経緯と持病についてまとめました。

岡江久美子さんのあまりに突然の訃報に本当にびっくりし、改めてコロナウイルスの恐ろしさを感じました。

心よりご冥福をお祈りします。

では今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼合わせてこちらもどうぞ

石田純一の沖縄ゴルフ場はどこ?ホテルや冷麺の店の場所や目撃情報も!こんにちは!ヨウコママです。 新型コロナウイルス感染が各地で広がり、感染が判明したタレント石田純一さん(66)も感染が発表され容態...
昭恵夫人の大分旅行計画は病気?ツアー内容がスピリチュアルで同行者がヤバイ!こんにちは!ヨウコママです。 安倍総理の奥様、昭恵夫人がコロナ自粛呼びかけの最中に、大分旅行を計画、実行したことが話題になっていま...