人物

小野泰輔の評価と評判は?高校・大学や家族と経歴・年収についても!

こんにちは!ヨウコママです。

東京都知事選が迫って来て、候補者の参加表明が始りましたね。

候補者の一人で熊本県の副知事も務めた政治家、「小野泰輔氏」は若い頃から政界で活躍されていて、注目している人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「小野泰輔の評価と評判は?高校・大学や家族と経歴・年収についても!」と題しまして、小野泰輔氏の評価と評判についてや高校・大学、家族や経歴・年収についてなど気になるところを調査したいと思います。

ではさっそく本題に入っていきましょう!

小野泰輔の評価と評判は?

東京都知事選挙に立候補された小野大輔さんは38歳の若さで熊本県副知事に就任しています。

熊本県副知事就任は、大学時代のゼミの教授であった蒲島郁夫氏がきっかけだったそうで縁の下の力持ちとして8年間副知事を務めていたようです。

熊本副知事時代の小野泰輔さんの世間の評価や評判については

といったように、『誠実』『好感が持てる』といった好感度の高い評価や評判の声が聞かれました。

大学時代のゼミの教授が声をかけるくらいですから、やはり誠実で真面目な頭の言い方なのかなと思います。

また、今回の東京都知事選挙への出馬については、賛否の評価・評判が聞かれました

熊本と東京ではかなり距離もありますし、都民の皆さんが小野さんの功績を身近に感じる機会も少ないと思います。

ここはやはり演説や今後の選挙活動がものを言いそうですね。

小野泰輔さんの演説はこちらの動画をご覧ください。

また今回の東京都知事選には個性的な方も多く、小野さんは”まとも”と言う意見も呟かれています。

今後どんな評価・評判を都民の皆さんが出すのか楽しみです。

高校・大学について

名前:小野泰輔(おの たいすけ)
生年月日:1974年4月20日(2020年6月現在46歳)
出身:東京都目黒区
出身高校:海城高等学校
出身大学:東京大学法学部

小野さんの出身高校は東京都新宿区にある私立海城高等学校だそうです。

海城高等学校は中高一貫教育で、中学受験でのみ入学でき、偏差値は61-65とかなりレベルの高い高校になります。

その後東京大学文科一類に入学し法学部に進んでいます。

とても優秀な頭の言い方ですね。

家族について

小野泰輔さんは結婚されていて、奥様はゆりさんといい、お子さんは息子1人に双子の娘の3人だそうです。

奥様ゆりさんは、熊本で子育てサークル「縁側moyai」の立ち上げを行い地域作りに貢献していたようです。

詳しい情報はこちら→ママそら

また、お子さんについては名前は公表されていませんが、小野さんのツイッターを見ると

長男は2020年現在8歳(小学3年生)で双子の娘さんはそれより下ということになると思います。

経歴・年収について

経歴について

1999年:アンダーコンセルティング(現:アクセンチュア)に入社

2000~2002年:藤島正之氏(衆議院議員)の公約秘書を務める。

2008年:蒲島郁夫氏の熊本知事選挙を手伝い、当選後、熊本政策調整参与に就任

2012年:当時全国最年少かつ熊本県政史上最年少の38歳で熊本県副知事に就任

2020年:東京都知事選に出馬を表明、熊本副知事は辞任

東京大学卒業後から華々しい経歴をお持ちの小野泰輔さん。

順風満帆の人生のように見えますが、実は熊本副知事に就任後の2015年11月に肺癌が見つかり、手術のため12月18日から療養しています

同年末に熊本市内の病院で右肺の一部切除手術を受け、翌年2016年1月11日に公務復帰したそうです。

肺がんは人間ドックを受けた際にステージ1で発見され、手術も成功しましたが一時は髪が抜けたり体が副作用で浮腫むなど精神的にも肉体的にも大変だったそうですが、現在は元気なようです。

年収について

熊本県副知事の年収は、国家公務員に準じた内容になっています。

調べによると、月収が約71万円でそこに期末手当(3.8)と勤勉手当(1.1)がそれぞれ

加算されるので、軽く見積もってもおおよそ年収は1200万以上だと思います。

参考情報はこちらをご覧くださいね。

まとめ

今回は「小野泰輔の評価と評判は?高校・大学や家族と経歴・年収についても!」と題しまして、東京知事選挙に出馬表明した小野泰輔氏の評価と評判についてや高校・大学、家族や経歴・年収についてなど気になるところを調査しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。